2006年12月28日

仕事納め

今日で仕事納めです。いろいろとありましたが、結果はともかくとして、いろんなことに奮闘しました。他が言ってくれないので、自分だけでも「よくやった」と褒めてやりたいと思います。
来年もマイペースでやります。
今日のニュース
青学大で授業をipodで配信するそうです。
たぶん急速的に波及すると思います。
全国各大学が1科目でもいいから社会人に無料で開放してほしい。
テキストはpdf等で配布。
大学のアピールになるし、生涯教育にも貢献するしね。
今日の言葉 (某氏の啓発メール)
「その人が何をしているのか、その人が行っているのか、そしてその人がどこに安らぎを持っているのか。そういうことを観れば、人の人物なりは解るものだ。従って,自分をかくそうとしても、決してかうせるものではない。」孔子
posted by 金太郎 at 07:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

択一本

もう2006年も終わりに近づいてきました。
今年の司法試験は受験していないので、択一本を1年ぶりに見てみました。
ボロボロになっている本ですが、たぶん半分は見事に忘れているでしょう。
本当に人間の脳は、「機会均等」にできていますね。
一歩リードしていても、努力を怠るとすぐに追い抜かれます。
たかが択一、されど択一です。
尚、択一本は、民法はLEC、憲法はWセミナー、刑法は成川を使ってます。
一年をふりかえてみると下3法にほとんど時間を使っていたと思います。
上3法は、択一→暗記→苦痛から、ついつい避けていたのでしょう。
それに実体法より手続法が面白いし。
これから上3法を択一を兼ねて集中的に勉強しなければいけません・・・。
そもそもこの試験、申し込むのに、結構な金額と提出書類多いのにはどうにかならないかなぁ。
来年はどうする。

posted by 金太郎 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

教育基本法

教育基本法が59年ぶりに改定されました。
教育が戦争に利用されないように祈るばかりです。
条文を見てみてみて気になるのは、3条の生涯教育の理念と4条の教育の機会均等です。
あと数年で現行司法試験は廃止されますが、この基本理念のもと、ぜひ現行試験を存続してもらいたいですね
仕事が終わって、へとへとなりながら、コツコツと勉強をしている社会人を見捨てないでください。
DTP最新情報
Photoshop CS3のBetaダウンロード先
http://labs.adobe.com/
尚、CS2のシリアルNoが必要
posted by 金太郎 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

一人旅

経営陣としてのストレスのせいか、年末の仕事のせいか、ほぼ3日おきにある忘年会のせいか、休日の慣れない釣りのせいか、資格試験の伸びない成績のせいか、
お疲れ気味です 猫
大学時代によく一人旅に出掛けました。滞在時間に差はあるものの各県に宿泊はしております。
また、4年間で5回アパートを変えました。放浪癖があるのでしょうか。
友人から「お前は絶対に離婚をする」と言われましたが、これはまだお互い辛抱しながら?続けています。
会社は結婚退職の一度だけです (笑)
一人旅をしたい。
今日の言葉 (某氏の啓発メール)
「人は大きな石にはつまづかない、ちょっと出た石、小さい石につまづく 小さいこと ちょっとしたことこそ注意」

posted by 金太郎 at 12:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

合格発表日

今日は、倍近くアクセスがあります。
そうです。今日は司法試験の論文合格発表日なのです。
(ブログのタグに司法試験を明記しているからでしょうか?)
受験したことがある方ならわかりますが、今日は祭りです。
不合格の方は「え〜またするの?」と落ち込みます。
合格率は数%だから合格するのが珍しいと自分で慰めます。
来年受験するにしても気力・体力・財力は大丈夫だろうか。周りは許してもらえるのだろうか。勉強できる時間は確保できるだろうか。といろいろと悩みます。
そして不合格された同胞をNetで探します。
近くに仲間がいれば呼び出し泥酔します。
でもベテラン受験生になるのはすぐですよ。択一合格なんて自慢にはなりません。合格してなんぼの世界ですから。
今年の司法修習生、卒業試験(2次試験)は107人が落第(97人が追試)だそうです。明らかにレベルの低下です。勉強好きでなければ法曹にはなれません。
今日の言葉
「自分より強い選手がいたということです」
越野忠則
posted by 金太郎 at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

資格試験

司法試験で基本書代わりになるサイトは、栗田教授の民事訴訟法しか見つけておりません。
会社法でよく訪問するのは、以前紹介しました葉玉先生の「会社法であそぼ」です。葉玉先生はブログから引退され、誰かにバトンタッチされるそうです。
最近、オヤ?と思ったのは、辰已法律研究所のメールマガジンで「えんしゅう本新会社法」が13問まで続いていました。えんしゅう本は実践的な演習本でよくまとまっています。丸覚えは控えるように書かれてますが、3日たてば6割は覚えていないので、丸覚えにトライされてもいいじゃないかと思います。Wセミナーの新保先生の「論文基本問題」の丸覚えもおすすめです。挑戦してみてください。択一は3,000問というのが合格の目安といいますが、論文もそうだと思います。せめて200問×6科目=1,200問はスラスラ書けるようにしましょう。
忘れてはならないのは、ご存知、柴田先生の法務ページです。貧乏人にはたすかるサイトです。
今日の言葉
「自由と平等の二つを約束するものは、空想家でなければ いかさま師だ」
ゲーテ
posted by 金太郎 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者証を持ってます。もうすぐ更新時期になります。
宅建の迷物図書館で「タダで宅建合格」いうキャッチがありますが本当です。すべてこのサイトでアウトプット・インプットを済ませました。
司法試験でもこのようなサイトがあればいいですね。
今日の言葉 (某氏の啓発メール)
「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」
posted by 金太郎 at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

小泉内閣

今日、小泉内閣が総辞職しました。首相の在職日数は1980日で、戦後歴代3位の長期政権でした。
一国民としては、就任当時のドン底の経済をよく立ち直したと評価しております。何よりも、テレビを観てて政治が面白かった。吉田内閣に次いで人気があるのも理解できます。
今夜のニュースは、安倍首相の誕生よりも小泉さんの引退の報道を観てみたいですね。本当におつかれさまでした。
「天の将に 大任をこの人にくださんとするや 必ずまずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしむ。」
孟子 (小泉内閣メールマガジン最終号より)
posted by 金太郎 at 12:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

新司法試験

新司法試験の合格率48%。
数%の合格枠を争っている現行試験組は今回の合格率はどう映っているのでしょうか。今頃、10月の結果待ちでうつ気味な方は、これはたまりません。
2010年に現行試験はなくなり、合格は天文学的に難関になっていきます。社会人で挑戦されている方は現行試験でしかありません。これから団塊の世代も参戦してきます。二束の草鞋は世間では冷たいみたいです。
でも新司法試験の今回の合格率は例外的な数字で、来年になると法学未習コース修了生と今年の留年組が加わりますから、やはり難関な国家試験にはかわりないです。
ロースクールでお金と時間を掛けている分たいへんだと思います。

新司法試験ランキングはこちらが参考になります。

今日の言葉
「果実はその人を現す」 聖書
posted by 金太郎 at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

法律用語の読み方

独学で法律を勉強させている方は、法律用語や判例の読み方がわからず苦労されているかと思います。
六法で、難読な語句を集めているサイトがあります。
http://www.geocities.jp/bexfort/yomi.html
今まで、憲法にでてくる「私人間効力」を「しにんげんこうりょく」と読んでました (笑)
「しじんかんこうりょく」が正解です。
特に判例は人名、地名とか組織名が多くでてきて、間違いやすいですね。
※ 有名な判例の「全逓東京中郵事件」「ぜんていとうきょうちゅうゆうじけん」とか帆足計事件「ほあしけいじけん」など。
恥をかかないように精進します。
posted by 金太郎 at 07:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

合同例会

今、印刷会社の某組合の会長をしております。少人数ですが和気あいあいの仲良しグループです。
会員はなるべく競合同士を避け、全員の賛成がなければ新規会員になれません。機材・資材等の協力会社の会員も上下関係なく接しています。
10月に3県が集り合同例会(というより親睦会)を主催します。夕方までヤタイ釣りをして、それから近くの民宿でドンチャン騒ぎという企画です。
19日に幹部と一緒に場所を視察に行きました。民宿のご主人は漁師で愛想が悪いのですが味は評判。でも、人員削減で宴会は座敷ではなくデーブル席しか受付ないと言われキャンセルすることになりました。座敷でなければ盛り上がりにかけますので (笑)
急きょ、料亭とホテル探しです。早く正式案内状を作成しなければなりません。焦ります。
posted by 金太郎 at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

セレウス・サボテン

10年間づづけていた熱帯魚(というより水草が主)の趣味は今日で打ち止めしました。水草は熱帯魚屋さんにあげました。
寝室に大型の水槽を置いているのだけど、掃除するのに午前中いっぱいかかり大変でした。(これで、夜中のモーター音から解放されるかなぁ)
家内が邪魔だから処分して、と言われましたが、処分するのもモッタイナイし、第一移動するのさえ重労働。ヘソクリでふんばつした豪華なインテリア風の水槽なんですよ。愛着があります。
そこで植物を植えることにしました。水草用の土でまだ土の湿気が気になりますが、サボテンなら多少の環境でも育つだろうと思い、「セレウス・サボテン」を買ってきて植えました。「セレウス・サボテン」は電磁波を吸収するといわれています。
水槽の世界が熱帯雨林から砂漠に変身し、なかなかのもんです。「シェーン」風にアレンジして、シェーンとマリアンとジョーイそして馬のフィギャーでも作ろうかなぁ。
子供は盆栽でもするのと言われ、家内は野菜でも植えたらと言われました。
凝り性なので、サボテンづくしになりそうです。

posted by 金太郎 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

AGA

「ちょっと薄くなったんじゃない」は、よく使われる男性の日常挨拶です。
少し抜け毛が気になりだしましたので、テレビで話題となりましたAGAに効くといわれる飲薬「プロシア」を手に入れました。
AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
AGAは進行していき、つるパゲになって手遅れにならないうちに早めのケアが大切だそうです。
「プロシア」は抜毛の原因物質と考えらているDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑える効能があるそうです。
※ ホルモン剤ですので女性は使用できません。(妊婦には特に注意が必要)
保険がききませんので、最初は診察料込みで28錠(1日1錠)で1万円もかかりました。
判定には6ヶ月の服用が必要なみたいなので、頭皮につける発毛剤と併用すれば結構な投資となります。
posted by 金太郎 at 07:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

心証

法務省のサイトを見てみると、今年の司法試験論文試験には、幸いにも、印刷屋が登場しなかった。
去年の刑法2問はひどかった。
 A県B市内の印刷業者である甲は,知人でB市総務部長として同市の広報誌の印刷発注の職務に従事している乙に現金を渡して同市が発注する広報誌の印刷を受注したいと考えていた。そうした折,甲は,同県内の土木建設業者である知人の丙から同県発注の道路工事をなるべく多く受注するための方法について相談を受けたので,この機会に丙の金を自己のために乙に渡すことを思い付き,乙に対し,「近いうちに使いの者に80万円を届けさせます。よろしくお願いします。」と伝えたところ,乙は,甲が80万円を届けさせることの趣旨を理解した上,これを了承した。一方,甲は,丙に対し,「県の幹部職員である乙に金を渡せば,道路工事の発注に際して便宜を図ってくれるはずだ。乙に80万円を届けなさい。」と言ったところ,これを信じた丙は,使者を介して乙に現金80万円を届けた。乙は,これが甲から話のあった金だと思い,その金を受領した。
 後日,丙は,甲が丙のためではなく甲自身のために乙に80万円を届けさせたことを知るに至り,甲に対して80万円の弁償を求めた。しかし,甲は,丙に対し,「そんなことを言うなら,おまえが80万円を渡してA県の道路工事を受注しようとしたことを公表するぞ。そうすれば,県の工事を受注できなくなるぞ。」と申し向け,丙をしてその請求を断念させた。
 甲,乙及び丙の罪責を論ぜよ(ただし,特別法違反の点は除く。)。

甲の罪責ですが、詐欺罪、恐喝罪、贈賄罪が成立します。
(恐喝罪と贈賄罪は包括一罪、それと贈賄罪は併合罪)
※民法上の不法原因給付物は刑法の保護に値するという判例の立場を支持。

それより、この甲という人物、過去問のなかでも、セコサでは、結構いいレベルです。
潜在的に、印刷屋さんに、そういったイメージ(心証)をもたれているからでしょうか。
一度お聞きしたいものですね。

posted by 金太郎 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。