2008年01月29日

こころのゆとり

今年の6月には、3つの団体の執行部から離れます。だいぶん時間も余る予定です。
本業にも頑張らなければいけないのだけど、昨日のテレビで、事業失敗の回避策として、「肩に力を入れ過ぎない」「心にゆとりを持つ」ことが必要だと言ってました。
ガムシャラに体を働かしていると、表面的には仕事をしていると自他とも思えますが、静かに本を読む時間も必要です。
また、ふと自分の老後生活を想像すると、頭が柔らかい内に大きな資格をと思ったりします。
しばらく休んでいた勉強を再開することにしました。週末、某答練を申込みます。
旧試験の最終年、1%の合格めざして!
まぁ、どのようにかなるでしょう。


posted by 金太郎 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。