2007年09月05日

PDCA

今日は、ISOの定期維持審査です。
相変わらず、「PDCA」が機能していなくて厳しい指摘がありました。
PDまではできているのですが、CAすなわち「効果の確認」が形骸化しております。

中小企業によくみられる傾向として、理念とそれに基づいた目標設定の曖昧さが指摘できます。
理念は企業活動の大前提です。理念なき企業は問題外なのでここでは触れません。
肝心なのは設定している目標が社員の私生活にどれだけ価値をもたらすかです。
その目標の意義・大切さを広報・教育等で、社員一人一人に深く浸透させなければなりません。
これは職場が「忍耐をする場」なのか「我慢をする場」のかを分けることにもつながります。
忍耐と我慢は違います。
目標が明確であれば、仕事・職場のいざこざは耐えられます。これは忍耐です。目標があれば必ず壁があり忍耐も必要となってきます。
一方、目標がなければ、例えば、ささいな上司のアドバイスも命令として感じストレスになる場合があります。これは我慢であり、あまり体によくありません。なるべく我慢はしないことです。
(夫婦間も同じですね。)

そして目標に数字を落とし込み目標数字ができます。
目標数字-現実の成果=課題
であり、課題が明確化してきます。
そして改善策を思案して行動計画ができます。
「PDCA」はこうして回っていきます。

もう一度、最初から見直しです。

posted by 金太郎 at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 印刷関係・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>理念なき企業は問題外
ドキ”
キツイこといいよるな
Posted by M at 2007年09月06日 20:15
そうですよ。
理念と経営ですよ。
今度、勉強会にお誘いします。
Posted by at 2007年09月07日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。