2007年05月15日

国民投票法

5月14日、国民投票法が参院本会議で採決され、可決・成立しました。
憲法第96条に改正手続きが明記させているにもかかわらず、手続き法が成立していないのは、明らかに立法府の不作為ですから、今回の成立は、内容に疑問はあるにしても、まずは護憲派の私としても、めでたいことです。
ところで、国民投票法の施行は3年後の2010年、それまで改憲原案の国会への提出・審議はできないので、憲法改正はまだまだ先のことです。
憲法公布文の名誉な内閣総理大臣の欄に阿部さんの名前は載らないでしょう。
今の憲法は吉田茂だったから次回は麻生さん? 時代の因果を感じます。

憲法は、最高法規であって、憲法に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為は、効力を有しません。(第98条)
又、天皇、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、憲法を尊重し擁護する義務を負います。(第99条)
要するに、憲法は、国家権力層を監視・抑制する法規として大切な役割を果たしています。ターゲットは国民よりも権力者に向けられています。
そして、権力者が恣意的に憲法を改正できないように、改正には、総議員の3分の2以上の賛成と国民の過半数の賛成が必要だと定めて、非常に高いハードルを強います。(第96条)
憲法が変われば、国が変わります。国民の生活面に多大な影響を与えますので、真剣な議論が必要です。政治家、評論家、マスコミ等の発言は参考程度にとどめ、自分の意見をまとめていきましょう。

テレビでアメリカの反戦運動を地道にしている市民を観ました。
彼らにとって憲法第9条はどのように映るでしょうか。
posted by 金太郎 at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 憲法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
憲法上、いろんな論点があっても、いったん法律にしていまえば、司法は違憲判断をすることはほとんどありません。今の国会議員を選んだのは私たち国民ですから、国会の採決に司法は敬意を払わなければならないからです。問題があれば、そのシワ寄せは、任期ある先生方ではなくて、国民が負うことになります。
ところで、日曜日に択一試験を受けてきました。46点で半分諦めています。来年は旧試験で合格できるのは1%ぐらいです。buonさんはどうなさるのですか。
Posted by 通りすがりの受験生 at 2007年05月16日 18:15
お久ぶりです。
2009年に合格するのがツーですよ(笑)
じゃ、釣りとかビデオなんか観るな!
申し訳ございません。
Posted by at 2007年05月16日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41857025

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。