2009年01月04日

心に太陽を持て

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

暖かい年賀状を多くいただきました。
とてもいい詩を送っていただいた方がいました。
紹介します。

「心に太陽を持て」
作者シェーザル・フライシュレン
訳者山本有三

心に太陽をもて。
あらしがふこうと、ふぶきがこようと、
天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽をもて。
くちびるには歌をもて、軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌をもて。
苦しんでいる人、悩んでいる人には、
こう励ましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌をもて。
心に太陽をもて。」


何処かのCMではないのですが、
不安なことがあれば、その2倍いいことをイメージしましょうね。
posted by 金太郎 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。