2007年11月21日

多角化

「本業に命をかけ、まっしぐら〜!」
地方の不景気は深刻で、中小企業はそうもいかなくなってきました。
もし資本・人財に余裕があるのなら、多角化を考慮にいれる時期かもしれません。

多角化では「M&A」「LLP」がよく話題になります。
LLP(Limited Liability Partenership、和訳で有限責任事業組合)は、パス・スルー課税、内部自治、有限責任といった大きな特徴があり、多角化を目指す企業にはとっては、魅力的な機構に映るみたいです。
昨日の勉強会では、なぜか「LLP」の講演を私がしました。
法人との違い、従来の組合との違いなどいろいろと質問はありましたが、解らないことはサラリと流し、最後は「詳しくは、冊子等でお調べください。知識は邪魔になりませんから。」で締めます。
個人的は法人であるLLC (Limited Liability Company、和訳で合同会社)がパス・スルー課税を採用したら、LLPはどうなるのか疑問でもあります。

ところで、大手さんは多角化して失敗している企業が多いですね。
資本力を背景に他部門にやたらと手をつけ、本業に隙ができると痛い目に逢うのでしょうか。
多角化とは、企業分割して専業化していくと理解してます。課題はリスク分散と専業化をどう考えるかです。中小企業も規模は小さいなりに多角化はできると思うのですが。
posted by 金太郎 at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 印刷関係・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。