2007年11月06日

政治家

今回のドタバタ騒動、福田さん、小沢さんは凄い政治家だと思いました。
もし小沢さんが代表を辞任し離党すれば民主党はどうなるのでしょうか。
民主党の執行部さんは、本当に自力で政権を取れると思っているのでしょうか。
もし万一、民主党が政権を取ったとしても、経験者が少なく、野党となった自民党の巧みな突き上げで、とても長期政権は無理でしょう。
その為にも実践的な準備・教育期間は必要です。大連立は民主党に取っては大変ありがたい好機でしょう。
小沢さんは、自民・公明の懐にはいって、実際に政策に参加して、力を養い、政権担当能力を国民にアピールしたかったと思います。
「小が大を食らう」小沢さんなりの党首としての構想があったはずです。
それを容認する福田さんもまた凄い。

大連立は、国民の理解が得られないかもしれないと懸念をしても、政治も経済も結果主義であり、実際に成果を残さなければ信用を得られません。
政党にすがり、周りと同じことしか行動・発言ができない政治家は必要としません。
小沢さん、離党してもガンバレ!
posted by 金太郎 at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。