2007年06月11日

老人と海

9日の雷雨を凄まじかった。
ちょど、筏の上でチヌのカカリ釣りの最中でした。筏には常連のお爺さんと私の二人だけ。
一瞬に周りがグレー調になり、雨で視界がほどんどなく、空を横断する閃光だけが鮮明でした。ハリウド映画みたい。
小さな筏ですが、屋根があったので助かりました。でも竜巻ができて、飛ばされるのではないかとヒヤヒヤものでした。二人は救命具のそば近くで縮こまっていました。
「なんじゃ、これ」

30分ぐらいで雷雨は去っていきました。
あとは、嵐の後の晴天。
私自身、学生時代から海のスポーツはいろいろとしてきましたが、久しぶりに、怖かった海の経験です。
posted by 金太郎 at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。